2017年7月20日木曜日

2017.07.20 『旅自転車とランドナーの本』

編者 鈴木善生
発行所 枻出版社
発行年月日 2014.07.10
価格(税別) 1,500円

● それにしても自転車に乗っていない。特に4月以降はパタッと乗らなくなっている。乗りたくなるようなムックを読んでみよう。
 というわけで,このムックを手に取ってみた。

● 「ランドナーを手がけるハンドメイド工房」の紹介(最後は東叡社)や,ランドナーでの輪行のやり方の解説。
 ぼく程度の読み手だと,意味のわからない専門用語がたくさんある。いちいち調べない。まぁこんな意味だろうと予想をつけて読んでいく。

● 「ガードとキャリアがあることで,自転車の組み立ては,5倍くらい,いや比較にならないほど大変になる。納得する美しさでガード付きの自転車を組むのは,一説にはフレームを作るより難しいといわれる」(p18)らしい。
 そうなのか。そういうことも知らなかった。

● ランドナーはたしかにたたずまいが美しい。写真を見てるだけで癒されるというかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿