2018年4月28日土曜日

2018.04.28 高田山専修寺に行こうと思って出かけたが・・・・・・

● 天気がいいので,自転車で親鸞ゆかりの高田山専修寺に行ってみようと思って出かけた。五行川サイクリングロードを下って,真岡の田町橋を渡る。が,行けども専修寺は現れず。
 田町橋を渡って次に右折すべきところを直進してしまってた。県道真岡岩瀬線を走ってて,これでいいのだと思ってたんだけど,違ってったってこと。
 粗忽にもほどがあるぞ,オレよ。間違っているはずがないと思っているから,スマホで地図を確かめようという発想が出てこない。

小貝川は南那須・曲畑の小貝ヶ池に発する
● が,小貝川に出たので,小貝川の堤防を走って帰ることにした。専修寺より小貝川を走れる方がずっといいや。専修寺にこだわりがあったわけでもないのでね,と負け惜しみを言っておこう。
 このあたりは旧二宮町になるんだと思う。もう少し走ると(実際に走ってみたんだけど)茨城県桜川市。

● 小貝川を上流に向うと間もなく益子町に入る。走りやすい舗装だ。それもそのはずで,サイクリングロードではなく一般車両も通行可なのだ。
 ただし,すれ違いは不可能。普通車がやっと通れるくらいの幅だから。

● ズンズン行くと,真岡鐵道の益子駅。正確には益子駅のすぐそば。公園になっている。
 子どもたちが自転車で遊んでいる。今は,子ども用でもギア付きなんだなぁ。

● 益子に来たからには寄っていきたい店がある。ラーメンの「ぎおん」。
 超久しぶり。以前の真岡勤務のときは毎日が出張だったので,昼飯をここで食べることがしばしばあった。20年近く前のことだ。その頃ですでに年季が入った店構えだったから,長く続いている店だ。麺に包丁が入っていない。細く打ちあげる。その作業の様子がカウンターから見える。
 では,ここは旨いのかと問われると返答に窮する。まぁ普通かなぁ。が,また食べたくなるという不思議な味で,ということはやっぱり旨いんでしょうね。
 いわゆる家庭的な雰囲気で,ギスギスしていないのも良い。カレーラーメン(750円)を食べた。

● 「ぎおん」のラーメンを食べられた満足感につつまれて(?),さらに小貝川を遡る。県道宇都宮笠間線を越えると,堤防は走れなくなる。
 適当に田んぼ道を走って,市貝町赤羽を経て,五行川に戻った。「道の駅はが」で休憩。元気回復に効くのはやっぱりこれだよ。不二家ネクター。

● 今日は五行川サイクリングロードの北端まで走ってみた。一切行橋から始まるのだ(下館まで。茨城県に入ると五行川は勤行川というつまらぬ名前に変わる)。
 ただし,一切行橋からしばらくは舗装状態があまりよくない区間があるので,通勤のときはもっと下流側から入ることにしている。

● 走行距離は72キロ。手頃なポタリングか。アップダウンがないので一昨日の鷲子山上神社とは疲れ方がまるで違う。

0 件のコメント:

コメントを投稿