2015年6月15日月曜日

2015.06.15 野望というか妄想

● 自転車で世界一周してみたいよ,って。いったん日本を出たら世界を回り終えるまで帰らないということになると,2年や3年ではすまないことになるかもしれない。
 さすがに,それでは奥さんの許可が下りないと思う。

● なので,エリアを区切って,何度かに分けて行くことになりそうだ。だとしても,ユーラシア大陸は通して走りきりたい。
 というのは,下川裕治さんの『僕はこんな旅しかできない』にこんなことが書かれていたからだ。
 ひとつの街に入ったとき,世界ががらりと変わる感覚に襲われる。言葉や顔つきが入れ替わっていくのは当然だが,そこに流れる空気や文化そのものが足許からそっくりと交換されるような感覚である。 (中略)中央アジアのカザフスタンに入ったとき,ひとつの節目が伝わってくる。家が突然,欧米風になり,東アジアから東南アジアを支配する高い人口密度が消える。(中略) さらに西に進んでいくとカスピ海に出る。フェリーに乗り,着く街がアゼルバイジャンのバクーである。ここにふたつめの節目がある。 (中略)バクーに入ると,宗教の密度がぐんと高まる気になる。(p208)
 そうした空気の変化を自分も途切れなく感じてみたいからだ。

● しかしだね,そのためには体力がまず必要だよね。自転車で世界一周をするとして,実際に出かけられるのはどんなに早くても65歳。ひょっとすると70歳になっているかもしれない。
 その歳で自転車で世界一周っていうのは,話題性があって面白いかもしれないけれども,まぁあまり現実的な話じゃないねぇ。それゆえ,妄想なんだけどね。

● せめて,それに向けて今から体力を鍛えておこうとか,南米を回るときに備えてスペイン語を少しは勉強しておこうとか,そういうことはまったく頭にないから,いよいよ妄想でありますね。
 第一,自転車で遠出はしたことがないしなぁ。泊まりのツーリングってやったことがない。だから,苦労を知らない。だから,こういう妄想にも浸れるわけだね。

0 件のコメント:

コメントを投稿