2016年6月9日木曜日

2016.06.09 CASIOのWSD-F10

● 職場の同僚がカタログをくれた。こんなのがありますよ,と。Androidと連携した“Smart Outdoor Watch”。「アウトドア用途に着目して作ったスマートウォッチ」というふれこみ。
 何がいいかといえば,自転車で遠出をするときに役に立つ。ひょっとすると,自転車に取り付けるタイプのハンディGPSロガーにとって代わるかもしれないと思わせる。

● サイクルコンピュータの代わりになることは間違いない。地図やナビのアプリも標準で搭載している。GPSログも残せるのだろうな。パソコンとも連携できるんだろうな,まさか。

● バッテリーは専用充電池で,通常使用で1日以上は使える,とある。2時間で充電できる。
 わからないのはログのデータをどうやって保存するのかっていうこと。ひょっとしてひょっとすると,常時,スマホとつないでいないと,データ保存はできないということなのか。

● そういうことですよね。OSがAndroid Wear。ということは,Androidスマートフォンとの連携が前提になる。
 そもそもデータの保存場所がないわけだから,単体ではGPSロガーとしては使えない。バッテリーが1日以上もつとはいっても,ブルベなどで連続して使う場合は,スマホのバッテリーも同じようにもつのでなければ,話にならない。

● となると,当面はスマホがあればいいかなと消極的な感想を持つ。価格が価格だしね。現時点で7万円。
 この種の器機は短期間で価格がこなれて,機能も磨かれていくものだろうから。

0 件のコメント:

コメントを投稿