2018年5月31日木曜日

2018.05.31 自転車事故後の変化

● 自転車事故後の変化3つ。
 1 すぐ眠くなる。いくらでも寝れる。
 2 食欲がない。食べないでいられる。
 3 出かけたくない。ずっと家にいるのが平気。

● そげなことを言ってても仕方がないので,これから宇都宮に行って,メガネを作ってくる。これがないと車の運転もできない。自転車を取りに行くこともできないからな。
 んでも,玄関を出るのがすっげえ億劫なんだわ。

● というわけで,宇都宮駅ビルに入っている「JINS」でメガネを作ってきた。が,遠近両用の場合,できあがるのに1週間かかるらしい。
 もうひとつメガネを作っとくんだったと思っても,ここでも後悔先に立たず。

● それまでは,外れたレンズをうまくはめ込んで,事故にあったメガネを使うしかないんだけど,その片われが相方のバッグの中にある(たぶん)。
 遠視のない近視だけのメガネがあったはず。車の運転はそれで可能かも。が,それがどこにあるのか見つからない。困ったものだ。
 つまり,自転車をピックアップに行けないでいるのだ。2日経っているのに。明朝,早く出るしかないかな。

● ところで。左手がほぼ使えないので,駅で切符を買うにも少し手間どる。車内で本は読める。が,電車が宇都宮に着いたときに,読みかけの箇所に栞を挟んで,本を閉じて,バッグにしまうという一連の動作にも手間どる。
 するとどうなるかというと,世間の動きがかなり速いと感じる。バタバタしてしまう。付いて行くのが大変だ。松葉杖の人なんか,どう感じているのかね。

● もうひとつ発見あり。パソコンのキーボードも片手で打つことになる。したがって,速度が落ちるのは仕方がないのだが,打鍵するキーを間違えることが頻発するのだ。これはある意味,新鮮な発見だ。ゆっくりなのに,なぜ間違う?
 タッチタイプで高速入力する方がタイプミスは少なくなる。いや,それは当然のことか。

0 件のコメント:

コメントを投稿